女性のこころ

生理前の「ネガティブ」を対処するには

更新日:

生理前に、ネガティブな気分になりやすいあなたへ。

この記事では、生理前の重い心がスッと軽くなる「7つのネガティブ対処法」をご紹介します。

生理前でなくても、日によって気分のムラがあり、ネガティブ思考がクセになっている女性にも役立ちます。

生理前にネガティブ思考になる理由

そもそも、なぜ生理前にはネガティブになったり、落ち込んだりしやすいのでしょうか?

西洋医学では、生理前に起こる体や心の不調を月経前症候群(PMS)と呼びます。

これは、生理前におこる女性ホルモンの変動が関係していると言われていますが、ストレスが要因とも考えられていて、原因ははっきりしていません。

原因がわからないので、西洋医学では生理前の痛みや症状を和らげる「対症療法」という方法が一般的。

しかし、漢方の観点では、全体のバランスを整えて体質から改善することが生理前の症状を和らげるために大事だとされています。

漢方ではカラダの構成成分である「気・血・水(き・けつ・すい)」の異常としてPMSを捉えます。人間は「気・血・水」という3つの構成要素からできており、すべての要素がバランスよくスムーズに流れている状態を健康と捉えます。(出典:クラシエ

生理前のネガティブを対処するには、根本から良くする必要があります。

生理前にネガティブになりやすい人の特徴

生理前にネガティブモードになる人の特徴を、漢方の観点からまとめました。

下記項目をチェックしてみましょう。

チェック①こんな性格ですか?

  • 責任感が強い
  • 完璧主義
  • イライラしやすい
  • ストレスをひとりで抱え込みやすい
  • 憂鬱な気持ちになりやすい
  • リラックスするのが苦手

チェック②こんな症状はありますか?

  • 月経周期がバラバラ
  • 胸やのどがつかえやすい
  • お腹が張りやすい
  • 頭痛・肩こりがある
  • ガスがたまりやすい
  • 生理前に胸が張る

あなたは気滞タイプかも?

チェックいくつ当てはまりましたか?

あなたが生理前にネガティブになりやすく、結構当てはまる項目が多いとしたら、漢方でいうところの「気滞」体質かもしれません。

「気」の巡りが悪く停滞している状態。主に自律神経系の緊張やコントロールができなく不安定な状態。(引用:クラシエ

 

「気虚」という体質もあるのですが、こちらは気が不足していて、やる気が出ないタイプ。

「気滞」はその逆で、やる気は十分にあるので頑張るのですが、気がうまく巡らず、交通渋滞のようにつっかえている状態です。

このタイプの方は、普段のストレスが溜まりやすく、生理前にはネガティブな気分になったり、落ち込んだりしやすいそうです。

私もまさに気滞タイプで、生理前だけはどうしてもネガティブになり、とても悩まされていました。それについては、最後にお話ししますね。

 

【保存版】生理前のネガティブ対処法7選

では、生理前にネガティブになりやすい人の心がスッと軽くなるネガティブ対処法をご紹介します。

アロマテラピーや、脳の働き、心理学、漢方や薬膳などあらゆる勉強を重ねてきた、ピラティス講師の私が厳選した内容です。

生理前だけでなく、ネガティブモードになったときにぜひ活用してください^^

対処法1.たまには弱音を吐く

自分で何でもやろうとしてしまう人は、総じてストレスを抱え込みやすいです。

周りの人からすると「仕事ができてかっこいい」「何でもできる強い女性」といった印象に見えます。

しかし、あなたが強がるせいで、周りの人はあなたを助けようとしません。人は本来誰かに頼られたい生き物です。

もし、あなたが一切の弱音を吐かなければ、「私は必要とされてないんだな」と思われてしまうことも。

これは、恋愛関係でも同じことが言えます。男性は、好きな女性に頼られると嬉しい生き物です。

生理前だからと言って、パートナーに対してネガティブ発言を連発するよりは、素直に辛いことを伝える方がうまくいきますよ。

生理前の辛いときこそ、信頼している人、心を許せる人に、自分の弱音を吐いてみよう!

対処法2.ネガティブ感情を書き出す

ネガティブな感情は閉じ込めれば閉じ込めるほど、ストレスとなりそれが心や体の不調につながります。

そこで、生理前の不調な時は、「ネガティブ感情を書きまくる」という方法をオススメします。

メンタリストのDaigoさんも、自分のネガティブ感情を書き出す効果についてこのように語っています。

紙に書くことによって、「自分はこういうことを思っていたんだ」「こんな感情を抱いていたんだ」ということがわかります。このように自分の感情と向き合うと、その感情を受け入れられるようになるのです。

自分の感情を客観的に分析する力がつき、感情コントロール能力も高まります。メンタルが安定し、他人にも優しくなれますから、人間関係もよくなります (出典:東洋経済オンライン

こちらは、私が実際にネガティブになった時に行っている方法です。

  1. お気に入りの手帳やノートに、今の感情(ポジティブもネガティブも全て)を思いのままに言葉にする(例:頑張るのに疲れた。泣いてる自分が嫌になる。)
  2. ネガティブ感情をすべて解放してあげる。
  3. 自分の書いたネガティブな内容を見返して、「辛かったね。」といった優しい言葉を添える。

生理のことを誰かに話を聞いてもらうのは気が引けるという場合に、このやり方はとても有効です。

とくに3の「優しい言葉」を自分にかけるのは、効果を実感しやすいのでオススメです。

生理前にネガティブ思考になりやすい人は、自分に厳しい人が多く、なにかと自分を責めてしまいがちです。

いっそのこと生理前は、自分の心と向き合う時間にすると決めましょう!

対処法3.家事や日課をサボる

生理前は、いつもなら普通にできることが、感情が不安定でできないということはありませんか?

そういう時は、思いきってサボってしまうのも一つの手です。

普段頑張っているんだから、生理前や生理中の時くらい体を休ませてあげてください。

真面目な人は「サボることがいけないこと」と思ってしまう傾向にあります。

偉そうに書いている私も実はサボる・休むことが大の苦手。

でも、生理前は自分に甘くするようにしています。サボることを生理前のご褒美にしましょう。

生理前に涙が止まらない時は、「サボる!」をマイルールにしてみては?

対処法4.深呼吸をする

現代の人は呼吸が浅くなりがちで、十分に酸素が脳に行き渡りにくいことが多いと言われています。

呼吸は、仕事や人間関係のストレスや、将来への不安、恋愛の悩みなど、精神的な影響で、自然と浅くなります。(出典:マイナビウーマン

とくに最近の女性は、働きすぎにより心身のバランスが崩れて、無意識のうちに呼吸が浅くなりやすいです。

さらに、生理前に情緒不安定になる人は、ネガティブな感情でさらに呼吸が乱れることで、負のスパイラルに…。

300人に呼吸法を行い、その気分を測定した実験があるのですが、なんと95%の人に気分の変化がみられ、ほとんどの人が気分が良くなったそうです。

深呼吸のポイントは思いきり吸わないこと(苦しくなるため)。

それと、吐く息を長めに(できれば5秒以上)することでリラックス効果が得られます。

生理前だけじゃなく、深呼吸する時間を持って心のスキマをつくろう!

対処法5.森林浴をする

森林浴という言葉もあるほど、森林は歩いているだけでリラックスでき、ホッとできますよね。

森林浴

健康法として、森林の中に入り、すがすがしい空気にひたること。精神的な効能のほか、樹木から発散される芳香性物質フィトンチッドによる科学的な効果も見込まれる。(出典:コトバンク

森林浴は確かに気持ちいいし、リラックス効果があるというのはわかっていても、都会に住んでいるとなかなか行けませんよね。

そんな方に嬉しい知らせがあります。家や職場近くの公園の芝生に5分間座るだけでもストレスが減ったという研究結果もあります。

とにかく、自然に触れることが生理前のネガティブな気分をリフレッシュさせるコツです。

生理前は自律神経が乱れがち。ネガティブになったら公園に行って自律神経を整えよう!

対処法6.アロマの香りを楽しむ

アロマテラピーも、ネガティブな気持ちになった時におすすめのリフレッシュ方法です。

アロマテラピーとは

植物(花や木)から採取する精油を用いて、心身の健康や美容を増進する施術。(引用:コトバンク

実は、香りを嗅ぐだけで、鼻だけではなく脳に刺激を与えられるんです。

私たちの行動や感情は、脳がコントロールしています。人の脳はネガティブなことに強く反応すると言われているので、脳に良い刺激を与えることが必要です。

そこで、活用したいのがアロマ。植物のパワーで脳を刺激すると、「リラックスする」「前向きになる」といった行動や感情の変化が起こります。

生理前のネガティブ思考はアロマで解消!自分の好きな香りを選んでリフレッシュして。

対処法7.漢方の相談をする

生理前のネガティブな気分を解消したい人は、上の6つの方法から試してみてください。

それでも良くならない場合は、漢方薬局で漢方薬を処方してもらうのも一つの手です。

漢方薬で使われる生薬は、自然の原料からできています。生薬が、体に本来備わっている自然な治癒力を助け、病気を治療していきます。漢方薬は生薬を組み合わせており、症状を根本から改善していくことが特長です。(引用:クラシエ

私も、漢方薬を利用したことがあるのですが、自分の体質に合ったお薬を出してくれるので、とても安心感がありました。

さらに、婦人科の薬と比べて、眠くなったり、むくみを感じたりといった副作用はほとんど感じませんでした。

漢方薬はわりとお金もかかるので、まずは気軽にできそうなネガティブ対処法から始めてみましょう!

 

【まとめ】生理前のネガティブ対処法

この記事を書こうと思ったのは、ピラティスとダイエットを指導している私が、生理前は超がつくほどのネガティブ思考になることがが多かったためです。

普段は前向きになんでも考えられるのに、生理前の私は180度人格が変わり、「誰とも会いたくない」「SNSも見たくない」「自分はダメ人間」といったネガティブモードになることが多々ありました。

しかし、ある時気づいたんですよね。

私は普段から自分に無理をさせていたなと。

そうやって気づいてからは、生理前や生理中はなるべく「頑張りすぎない」ことを目標にしています。

もし、あなたが同じく「頑張りすぎるタイプ」なら、今日お伝えしたネガティブ対処法が役に立つはずです。

ではでは、またお会いしましょう〜!

Copyright© 食べて痩せるピラティス・ダイエットコーチ 金田由佳 , 2019 All Rights Reserved.