アロマで生まれ変わる!手作り化粧水で衰えた肌をイキイキさせる秘訣

アロマで生まれ変わる!手作り化粧水で衰えた肌をイキイキさせる秘訣

最近、顔のくすみとかしわが気になってきた…。毎日自分の顔を見るたび、落ち込む…。
こんにちは!金田ゆか(@yuka_kaneda88)です。わかります!私も30代を過ぎてから、肌の悩みが増えました…。
ゆか

最近では、アロマを使ったスキンケア商品が人気ですよね。

多くの精油には、肌の細胞を成長させたり、皮膚をふっくら柔らかにする作用があるので、エイジングケアにも最適。

現在33歳の私は、アロマセラピーをスクールで学んだのち、手作りコスメに目覚めて「肌がきれいだね」と言われるようになりました。

本記事では、年齢とともに衰えを感じる肌をイキイキさせるアロマと、手作り化粧水のつくり方を解説します。

 

この記事でわかること

  • 手作り化粧水のメリット・デメリット
  • 年齢肌にうれしいアロマ5選
  • 手作り化粧水のつくり方と注意点

 

アロマ手作り化粧水のメリット・デメリット

アロマ手作り化粧水のメリット・デメリット

アロマの手作り化粧水を使って感じたメリット・デメリットをまとめてみました。

手作り化粧水のメリット

手作り化粧水のメリットはこちらです。

  1. コスパが最高
  2. 添加物0で安心
  3. 悩み別にカスタマイズが可能

手作り化粧水の最大のメリットはコスパの良さ!市販の化粧水は宣伝やパッケージのコストがかかるので、原価よりかなり高い値段で設定されています。

その上、界面活性剤や防腐剤などの添加物が入っていて不安になりますよね。

手作り化粧水であれば、どんな成分が入っているかを把握できて安心。

さらに、肌状態に合わせて作り変えられるのも手作りコスメの魅力です。

 

手作り化粧水のデメリット

個人的に感じた手作り化粧水のデメリットはこちらです。

  1. 保存期間が短い
  2. 衛生管理が大変
  3. シンプルにめんどくさい

食品と同じで「添加物が入っていない=腐りやすい」ため要注意です。冷蔵庫で保管し、だいたい1〜2週間以内に使い切る必要があります。

そして、手作り化粧水はカビや菌が発生しやすいので、こまめに消毒や殺菌をしなければなりません。

何回も化粧水を作るのがめんどくさいというのも、忙しい時はデメリットですね。外出自粛中の今がチャンスかも?

 

手作り化粧水におすすめのアロマ5選【くすみや乾燥にも!】

手作り化粧水におすすめのアロマ5選

アロマ1:ラベンダー

スキンケアの定番アロマ!と言えば「ラベンダー」です。細胞の成長を促す作用があるので、年齢とともにくすみを感じてきた肌にも最適!

さらに乾燥肌からオイリー肌まで、どんな肌タイプの方でも使いやすい、万能なエッセンシャルオイルですよ。

特徴

  • 皮脂のバランスを整える
  • 細胞の成長を促進させる働きがある
  • にきびや火傷などのケアにも役立つ

アロマ2:ゼラニウム

「最近、女子力が低下してきたかも…。」と感じる人には、ローズのような香りがする「ゼラニウム」がぴったりです!

ホルモンバランスの調整をしてくれるアロマで、女性にとって嬉しい効能がたくさん。

私も美容に力を入れたい時には、いつもお世話になっています。

特徴

  • 肌を引き締め、たるみにも有効(収れん作用)
  • 細胞の成長を促進させ、くすみケアに役立つ
  • 血液の循環をよくするため、肌トラブルに役立つ

アロマ3:ローズウッド

「ローズウッド」は名前の通り、ウッディーでやさしいローズに似た香りを楽しめるアロマです。

肌のうるおいを求める乾燥肌の女性からも人気があります。

特徴

  • 保湿や新しい細胞の成長を促すため、エイジングケアに有効
  • 抗菌作用によって、ニキビや湿疹などのケアにも役立つ

アロマ4:パルマローザ

お肌の曲がり角を感じている女性には、一度は試していただきたいのが「パルマローザ」です。

ゼラニウムのようなフローラルな香りで、女性らしさを引き出してくれるエッセンシャルオイル。

私はパルマローザを使い出してから、くすんだ肌が少しずつ明るくなりました。(個人的な感想です。)今後の変化に期待!

特徴

  • 皮膚を軟化、回復させる働きがあり、肌にハリや潤いを与える
  • 細胞の成長を活性化させる作用があるため、しみやくすみケアに役立つ
  • 抗菌・抗真菌作用によって、ニキビや湿疹などの肌トラブルにも効果がある

アロマ5:フランキンセンス

古代エジプドの時代から使われてきた「フランキンセンス」。なんとクレオパトラも愛用していたそうですよ!

とくに肌の老化を感じる方には、自信を持っておすすめできる精油です。

正直、香りは独特なので、好みは分かれると思います。気になる場合は、他のアロマとブレンドして調和させましょう。

特徴

  • 新しい細胞の成長を促進するため、くすみやしみなどのエイジングケアに最適
  • 皮脂のバランスをとり、乾燥肌やしわを改善する

 

アロマでエイジングケア!手作り化粧水のつくり方【3分でできる】

アロマでスキンケア!手作り化粧水のつくり方【3分でできる】

手作り化粧水は、とても簡単につくれます!3分あればできますよ。

ただし、安全に使っていただくためにも、注意点は必ず最後まで読んでくださいね。

手作り化粧水の材料はたったこれだけ!

手作り化粧水の材料はこちら!

材料

  • 精製水 45ml
  • エタノール(またはグリセリン) 5ml
  • 精油3〜4種類
  • ビーカー
  • 容器

エタノールは売り切れているため、代わりに「グリセリン」を入れてもOK!保湿力がアップします。

 

手作り化粧水のつくり方【3分でできる】

次に、手作り化粧水のつくり方をご説明します。

①エタノール(またはグリセリン)5mlを容器に入れてから、精製水45ccを入れる

②①に精油を必要な滴数入れる。

③容器を振って、しっかり混ぜる

はい、たった3ステップで完成!

しかし、アロマや手作り化粧水の取り扱いには注意しなければなりません。次の項目を必ず読んでから作ってくださいね!

 

【注意点】手作り化粧水を安全に使うために大事なこと

注意ポイント

  1. 「消毒用エタノール」を使って容器や手指、道具を殺菌しておく
  2. 精油は非常に濃度が高く刺激が強いため、規定の容量を守って作る
  3. 使用する前には必ずパッチテストを行って、肌に異常が出ないか確かめる
  4. 妊娠中・授乳中の方や、敏感肌の方が使用できない精油があるため注意する
  5. 必ず冷蔵庫で保管し、1週間〜2週間を目安に使い切り、カビや菌の繁殖に気をつける

今回ご紹介したアロマの中で、妊娠中の方が使えない精油は、ラベンダー・ゼラニウム・パルマローザです。

敏感肌の方もゼラニウムは控えた方がよいでしょう。

 

くすみや乾燥ケアに!おすすめ化粧水レシピ

最後に、私が愛用中のレシピをご紹介します。

肌のくすみや、乾燥によって起こるしわ、しみなどにも効果的なアロマを配合しています。

手作り化粧水レシピ

  • ゼラニウム:3滴
  • パルマローザ:4滴
  • ローズウッド:5滴
  • フランキンセンス:3滴

ゼラニウムとローズウッドが入っているため、ローズのような優しい香りの化粧水に仕上がりますよ!ぜひお試しください。

 

まとめ:アロマ手作り化粧水でイキイキ肌を目指そう

まとめ:アロマ手作り化粧水でイキイキ肌を目指そう

さて、長くなってしまったのでまとめますね!

まとめ

  • 手作り化粧水のメリットは、「安い・安全・カスタマイズ可能」
  • デメリットは「保存期間が短い・衛生管理が大変・めんどくさい」
  • 年齢肌におすすめの精油は、「ラベンダー・ゼラニウム・パルマローザ・ローズウッド・フランキンセンス」
  • アロマで手作り化粧水をつくる際は、必ず注意事項をしっかり読んで、安全には十分気をつける

 

私はアロマや手作り化粧水のおかげで、素肌にも自信を持てるようになりました。(まだまだ改善は必要ですが…。)

外出自粛中の今だからこそ、丁寧にお手入れしてイキイキした肌を目指しましょう!私も頑張りますよ!

何かわからないことがあれば、Twitterでお気軽に質問してくださいね。

\ボディメイク・美容・メンタルの整え方を呟きます/

金田ゆかのTwitterをフォローする

Copyright© YUKALELE〜もっと自分らしく生きる!〜【女性が人生を楽しむための情報ブログ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.